ローンが必要となる時は誰にでもあるもの。「レディースローン安心比較」は、女性が安心して相談できるレディースローン、レディースキャッシングの最新動向を解説したブログです。
--/--/--(--)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/29(日)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


すでにニュース等で見た方は多いかもしれませんが、今月上旬に人気キャッシングサービスの三和ファイナンスが金融庁から「業務停止」という重い処分を受けました。支払いが遅れたユーザーに対して脅迫的な取立てを行なったのが主な処分理由だったようです。

たしかに行き過ぎた取立ては会社のモラルを疑われても仕方ありませんが、その一方で三和ファイナンスは女性ユーザーにも人気の高い激甘キャッシング店舗でした。それが6月までサービス停止になるのは、不便を感じるところです。

しかも行政処分が終わったあとも、イメージダウンの影響はしばらく残り続けます。去年の4月に同じく処分を受けたアイフルがいまだに苦戦しているのも、その例といえるでしょう。

そこで女性のキャッシングユーザーとしては、それに匹敵するほど審査柔軟で、しかも安心のできるサービスを選んでいく必要が出てきました。

いくつかある候補のうち、やはり一番手に挙がるのは女性専用のベティローンになるでしょう。

限度額50万円、金利25.5~29.2%というキャッシング条件は平均的ですが、いまだトップクラスを誇る柔軟審査、最短15分という圧倒的な融資スピードは魅力的です。応対するオペレーターは全員女性ですし、その気になればすべてインターネットから手続きが出来る手軽さも備えています。

今年になってからベティ・ローンを含めたGMOグループは新規ユーザーの獲得に力を入れるようになってきたので、タイミングとしても申し分ありません。

また、阪急阪神グループのスタッフィもベティ・ローンに並ぶ有力な借り換え候補です。

金利はベティ・ローンとほぼ同じですが、限度額は200万円と非常に高く、即日キャッシュインのスピードも優れています。以前のように「超」が付くほど激甘とは言えませんが、まだまだ女性も借りやすい十分な柔軟審査を続けています。

ちなみに両方ともネット系、鉄道系というサービス系列の違いはありますが、「消費者金融がサービスの本業でない」という点は共通しています。このタイプの企業はキャッシング事業で不祥事を起こしにくい体質を持っているので、借りやすいだけでなく安心感も高いレベルにあると言えるでしょう。

柔軟で安心して使えるキャッシングを希望する方は、この2社をまず優先的にチェックし、あとは自分の条件にあった(低金利系などの)サービスを併用していくのが有効になります。
スポンサーサイト
2007/04/27(金)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


キャッシングの各店舗はユーザー獲得のために多彩なサービスを提供しており、「新規ユーザーだけの優遇金利」もその1つです。キャッシング利用歴が少ないユーザーはきちんと返済してくれる傾向が強いため、こうした優遇サービスで囲い込みをしたい狙いがあるのです。

ただ、何を基準に「新規ユーザー」と判断しているかは、各社によってまちまちなので注意する必要があります。

たとえば審査柔軟で女性利用者の割合が高いイコール・クレジットは、初回ユーザーだけに通常より2~3%安い金利で契約をしています。

この場合の条件は

・今まで1度も(他社を含め)キャッシングを利用したことがない
・過去の完済から、5年以上が経っている

というどちらかを満たしている必要があります。限度額300万円の柔軟審査ローンが低金利で利用できるので、条件を満たした方は積極的に活用していくと良いでしょう。

また、ディックも今年に入ってからは優遇金利キャンペーンを実施していますが、イコール・クレジットとは条件がかなり違っています。

ディックの場合は、

・過去にディックを利用し、すでに完済している
・返済遅延などのブラック情報がない

という条件を満たすことで、従来より最大6%も安い優遇金利でキャッシングが使えるようになっています。つまりイコール・クレジットと違い、他社の利用歴は基本的に関係がないということです。

さらにディックと初めて契約する完全な新規ユーザーには、この条件プラス「30日間無利息」のサービスまで付いてきます。限度額は300万円と非常に大きく、即日スピード融資なので早さも申し分ありません。

このように、Webサイト上で同じ「優遇金利」という名前が付いていても、その条件は変わってきます。うまく自分の利用スタイルに合った優遇金利サービスを探すことが出来れば、見た目の数字よりずっと有利にキャッシングを使っていけるでしょう。
2007/04/25(水)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


キャッシング店舗には通常の融資サービスだけでなく、カード会員だけの特典を用意している場合があります。

有名なところでは、女性にも激甘審査のスタッフィ等があり、阪急グループの運営するホテルや旅行会社で3~10%の割引特典が付いてきます。もともと阪急阪神グループは消費者金融というよりも鉄道・レジャー系の企業グループなので、企業のスケールを生かした割引サービスが可能になっているのです。

オリックスVIPローンカードも会員特典が豊富なことで知られますが、最近ではそのサービス範囲をますます強化してきました。

まずVIPローンカードの会員だけに、自社グループが運営するホテル・レンタカー等の料金割引が付いてきます。ホテル代金が場合によっては半額近くまで安くなることもあり、旅行や出張、レジャーの多い方はこれだけでかなりお得です。

また、これに加えて最近では「オリックス・クレジット クラブオフ」という会員だけの限定サービスを用意しました。

先に紹介した割引はオリックスが自社で行なう特典でしたが、クラブオフは外部の企業と提携して行なっているサービスで、会員登録をすれば全国20000ヶ所ものレジャー施設やホテル、さらにはショッピングや英会話学校まで最大80%の割引が受けられます。

オリックスVIPローンカードの会員なら、無料でクラブオフに登録することが出来るので、グループ内の割引を合わせればダブルで特典が受けられるわけです。さらに月額わずか525円を払って「VIP会員」になれば割引もグレードアップし、場合によっては「リゾートホテル1泊100円」という破格のサービスを受けることも可能になっています。

どちらかといえば限度額500万円、金利6.9~17.6%の好条件ばかり目が行きがちなVIPローンカードですが、こうした会員限定のサービスが豊富なのも見逃せません。

うまく特典サービスを使いこなせれば、キャッシング以外でも大いに得をすることが出来るのです。
2007/04/12(木)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


すでに4月に入って数日が過ぎ、3月分の女性向けキャッシング人気ランキングが出揃いました。今回は激甘系サービスと低金利系サービスが仲良く上位にランクインし、女性ユーザーの好みが二極化していることが分かる結果になっています。

3月のランキング1位になったのは、女性専用サービスのベティローンでした。

キャッシング大手が揃って審査を厳しく引き締めていく中、職業と他社利用件数どちらにも激甘の審査体制が人気の大きな理由でしょう。それに加えてイーバンク銀行と提携したことにより、去年から融資スピードが上がって使いやすくなっているメリットもあります。

最近では姉妹ブランドのGMOネットカードと独立したキャンペーンを実施したり、女性向けのコンテンツ「ちょコラ」の連載をスタートさせる等、キャッシング不況と言われる現在では珍しいほど元気なサービスが今も続いている貴重なブランドです。

次に2位には、あいかわらず人気の高いNISグループが来ています。

限度額は50万円でベティ・ローンと同じですが、金利は15.0~18.0%と非常にお得で、最短即日の融資スピードも引けを取っていません。さすがに激甘とまでは行きませんが審査もかなり柔軟で、日常で使うキャッシングとしては申し分ありません。

どの程度の柔軟審査を希望するかによって、ベティ・ローンと使い分けている女性ユーザーが目立つようです。

そして3位は、銀行系のモビットがランクインしました。

上位2サービスとは違って300万円の大きな融資枠を持ち、金利も15.0~18.0%と低めに抑えられています。銀行系のイメージから男性しか使えないと誤解されがちですが、実はパートや主婦でも問題なく融資OKの隠れた人気サービスになっているのです。

しかも3月からは内部キャンペーンが行なわれている模様で、審査が普段より甘くなっていると口コミ評判が広がっています。まだ4月いっぱいまでは審査が柔軟なので、おまとめ一本化等を狙いたい女性ユーザーは積極的に申し込んでいくと良いでしょう。

このようにトップから数えると、激甘・低金利・バランス派の3タイプがうまく並んだ形になっており、多彩なサービスに人気が分散していることが分かります。ランキングの順位も参考にしながら、自分自身にはどのタイプが合っているか考えてサービス選びをしていくと良いでしょう。
2007/04/10(火)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


去年あたりから融資の審査を厳しくするキャッシング店舗が増えたためか、女性・入門者ユーザーを中心に借り換えの動きが出てきています。今までは「借りやすさ重視なら大手消費者金融」で良かったのが、最近になってかなり状況が変わってきているからでしょう。

特に女性ユーザーについては借りやすいのと同時に、安心して利用できるキャッシングサービスが求められています。つい先日には大手の印刷会社からキャッシング店舗(レイク)ユーザーの個人情報が5万人分以上も流出したニュースがあったばかりで、ヤミ金被害に遭いやすい女性ユーザーには情報セキュリティが必須だからです。

クレディアが出資するIT系キャッシング、プリーバはそんな条件をうまく満たした柔軟審査のカードローンになります。

300万円の高限度額、9.7~23.0%の低金利もさることながら、プリーバは個人情報のセキュリティが充実しているのが大きなメリットです。インターネットからの申込み情報はすべて「SSL」の技術で暗号化され、サイトの安全性は「TRUSTe」の国際規格で認証を受けています。つまりインターネット利用でもっとも怖い情報流出が、ほとんど起こりえないシステムを整えているわけです。

また、3月からは新しく情報管理の国際規格「ISO/IEC 27001:2005」の認証を取得するなど、情報セキュリティの分野では他社のキャッシングより二歩も三歩も進んだ体制になっています。

これなら、ほとんど個人情報の流出を気にせずキャッシングサービスを利用していけるでしょう。

この他、プリーバは入門者向けの解説ページにも力を入れており、今月からキャッシングの仕組み・使い方をやさしく解説する「ゆずナビ」が公式WEBサイトに追加されました。申込み方法から返済プラン、借入れ方法まで幅広くカバーされているので、キャッシング利用に慣れていない方は大いに参考になるはずです。

大手はキャッシング審査が厳しくなったけど、審査激甘の中小店舗では個人情報の扱いが心配……といったサービス選びで悩みを持っていた方でも、プリーバなら安心して使える心強い味方になってくれます。
2007/04/09(月)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


前回のエントリーではJiyu!da!カードを発行するOMCカード株の売却という話題を取り上げましたが、今度は同じく流通系カード会社のニュースです。AMEXカード等の発行で知られるクレディセゾンが、キャッシング金利の値下げを公式に発表しました。

対象となるのはクレディセゾンが発行するクレジットカード全部で、7月分の利用からグレーゾーンの水準をクリアした18.0%以下のキャッシング金利に変わります。フォービートカードは以前から14.6%という低いキャッシング金利で人気でしたが、これでセゾン系の全カードが低金利キャッシングを備えることになるわけです。

審査基準は今のところ「厳しくする予定はない」とセゾンの公式アナウンスが出ているので、金利が下がったからといって入会が難しくなる心配もなさそうです。これは私たちユーザーにとって嬉しい情報と言えるでしょう。

今回のサービス改定により、有効期限が切れない永久不滅ポイント、海外ショッピング時のポイントが2倍加算、3000万円の海外・国内旅行保険をはじめ豊富な補償サービスに加え、他社クレジットカードより低金利のキャッシング条件がAMEXに加わりました。

海外旅行やショッピングに役立つAMEXカードが、今後はますます頼れる魅力的な1枚になるでしょう。
2007/04/07(土)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


いよいよ明日から4月になり、キャッシング・クレジットカード会社ともに新しい会計年度に入ります。おそらく会社によっては新キャンペーン等をスタートさせるところも出てくると予想されますが、それとは別に気になったニュースがあります。

女性でも柔軟発行の無料クレジットカード「Jiyu!da!カード」を発行しているOMCの株式が、大量に売りに出されるという話です。

もともとOMCはダイエーが株式の半分以上を持っていることから「流通系カード会社」に分類され、それが激甘といえる審査に繋がっていました。親会社のダイエーとしてはJiyu!da!カードを多くのユーザーに発行することで、(優待デー等に)自社グループの店舗に買い物に来る顧客の増加を狙っていく戦略でした。

つまりクレジットカード本体でそれほど儲けなくても、ダイエーグループ全体として売上げがアップすれば良かったわけです。

ところが今回の発表によれば、この4月にもダイエーはOMCカード全体の30%におよぶ株式を売却するということです。とりあえず今後もOMCはダイエー子会社であり続けるようですが、他の流通系でないクレジットカード会社等がOMCの筆頭株主になってしまうと、経営方針が影響を受けてしまう恐れもあります。

現在のように付帯保険やポイントサービスなど豊富な特典が付き、クレジットカード業界トップクラスを誇るJiyu!da!カードの柔軟審査が、これからも続くとは言い切れない状況になってきました。

少しでも柔軟な審査基準でJiyu!da!カードを手に入れたいと狙っている方は、OMC株の売却が本格化する前に素早く申込みを済ませておくのが賢い判断になるでしょう。
2007/04/03(火)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


昨年くらいから大手キャッシングの審査が厳しくなったとニュース等で言われていますが、最近ではさらに中堅クラスの店舗でも基準を引き締めてくる動きが出始めました。何かと審査で不利になりやすい女性ユーザーには、どうやって借りやすく安心なサービスを探すかが気になるところです。

そこで今回は、キャッシング審査でどこがポイントになるか簡単に解説したいと思います。

まず審査で重視されるのは、申込者の職業です。一般に女性ユーザーが不利になりがちというのは、つまり主婦やパートなど職業の面で不利になることが多いのです。まだ大手は職業に比較的甘いのですが、中小キャッシングサービスでは特に重視されやすいポイントになります。

しかし職業というのは、分かっていても自分で簡単に変更することが出来ないものです。だから自然と「職業属性に甘いサービス」を選んでいくことになります。

大手を除くとベティローンオリーブなど、やはり女性専用のレディースローンを選ぶのが有利です。最初から女性ユーザーだけを対象にしているため与信判断(審査ノウハウ)がしっかりしており、普通なら難しいような条件でも融資が期待できます。

また、もう1つのポイントとして、他社での借入れ件数がキャッシング審査ではかなり重視されます。あくまで借入れ金額ではなく「件数」が重視されることに注意して下さい。

同じ女性ユーザーでも、5件から合計150万円を借りている人より、1件だけから150万円を借りている人のほうがキャッシング店舗に信用されやすいのです。その中でも借入件数が5件をオーバーすれば多重債務者と見なされ、融資確率がガクンと下がってしまいます。

逆に、そうなってしまう前であれば楽天マイワンイコール・クレジットのように、限度額が大きくて審査柔軟なサービスに借り換えることで、おまとめ一本化をして件数を減らすことも可能です。この2社は他店にくらべて低金利なので、結果的に支払う利息額が少なくて済むという一石二鳥のメリットもあります。

つまり簡単にまとめると、

・自分の職業にあったサービスを選んで申し込むこと
・借入総額よりも「件数」を重点的に減らしていくこと

の2点を守れば、より良い条件でキャッシングが利用できるわけです。

効率の良くない借り方をしていると債務がいつの間にか膨れあがってしまう危険があるので、キャッシング審査の仕組みを理解して賢いユーザーを目指してください。
2007/04/01(日)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


消費者金融の業界には会社の規模によって最大手~中堅、中小キャッシング等、いくつかのグループに分けて語られることがあります。会社の規模が同じくらいだとサービス内容に共通している部分が多く、このグループ分けは私たちユーザーにとっても理解しやすいメリットがあります。

しかし最近では、ひとくちに「大手」と言っても、かなり経営方針に差が出てきています。たとえば苦戦しているグループには、去年たて続けに金融庁から行政処分を受けたアイフル、三洋信販がいまも大きなダメージを残したままです。

そして逆に、同じ大手グループの中でも新サービスや新しい事業に取り組み、好調な融資を続けているところがあります。

プロミスはその代表で、あいかわらず女性ユーザーにも積極的に融資を行なう等、柔軟キャッシングサービスが続いています。来月からはいよいよ新事業(インターネットモール)が本格スタートすることになっていて、本業のキャッシング・ローンに加えて新しい収益が見込めそうです。

また、プロミスはこの何年かで「信用保証」業務にも力を入れ、やはりキャッシング以外での利益アップを果たしています。これは簡単にいえば、他社ローンに申し込んだ人の保証をプロミスが行ない、手軽に融資サービスが利用できるようにする業務のことです。

プロミスは保証を行なう代わりに他社ローンの儲けの一部を受け取ることができ、安定した収入になるのです。三井住友銀行のローンで保証業務をしている他、私たちに馴染みの深いアットローン(限度額300万円、金利15.0~18.0%)の保証も実はプロミスが行なっています。

もう1社、大手のなかでも武富士はプロミスに負けない勢いを持っています。

よく言われているように大手の多くはキャッシング審査が厳しくなりましたが、武富士は今でもトップクラスの可決率(審査OKになる割合)を誇っています。去年11月からはライバル他社に先がけて9.125%という超低金利ローンプランを導入する等、かなり大きくサービス改善を行なっています。

今月にもイーバンク銀行と提携した新サービスを開始し、今までより簡単に、しかも低金利でキャッシング申込みが出来るようになりました(イーバンク口座を持っているユーザー限定)。

大手グループは2006年度の決算で4社あわせて1兆円を超える赤字額になると予想されていますが、それでもプロミス・武富士の2社はサービス体制を緩めていません。新聞やテレビのニュースで見たからといって「大手は厳しいから申し込まない」と決めてしまうのではなく、しっかり各社ごとのサービス内容を把握すれば、まだまだ頼りになるキャッシングであることに変わりはないのです。
 | レディースローン(女性専用キャッシング)安心比較! | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。