ローンが必要となる時は誰にでもあるもの。「レディースローン安心比較」は、女性が安心して相談できるレディースローン、レディースキャッシングの最新動向を解説したブログです。
--/--/--(--)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/28(水)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


消費者金融やクレジットカードを選ぶときは借りやすさをメインに判断する方が多いと思いますが、その逆に「返し方」も重要です。同じように見える融資条件を持ったサービスでも、返済方式が違えば使い方も変わってくるからです。

そこで今回は、支払い方法をタイプ別に紹介したいと思います。

もっともベーシックなのは、やはり一括で返済する方式でしょう。借りた分のお金を翌月すぐに返済する方法で、利息負担がきわめて少ない返し方といえます。特にクレジットカードのショッピングで「翌月1回払い」を選ぶと、利息がまったくかからないほどです。

ほとんどの場合は1ヶ月後の支払いになりますが、プリーバのように最大1年まで一括払いの期間を延ばせるユニークな消費者金融もあります。プリーバは一括・分割払い・リボルビング払いすべてを揃えているので、ユーザーが目的によって選べるようになっています(キャッシング専用)。

次に、分割払いもオーソドックスな支払い方です。

こちらはあらかじめ「3回払い」「6回払い」などの回数を決めておき、元金と利息の合計を返済回数で割り算した金額が、毎回の支払い額になります。一括払いにくらべると返済期間が長くなるので利息も増えますが、1回あたりの支払額は少ないため高い金額のショッピングをやりやすくなります。

また、最近の主流になってきたのがリボルビング払い、通称「リボ払い」の方法です。

毎月少しずつ返済していく点は分割払いと似ていますが、返済回数が決まっていないのが大きな違いです。回数ではなく「毎月5000円」といった形で月ごとの返済額だけが決められています。

たくさんのショッピングやキャッシングを利用しても、毎月の返済額が少ないためあまり負担を感じずに済むのが最大のメリットです。しかし反面、負担が少ないために、自分がどれだけの借入れをしているか感覚が麻痺してしまう危険なデメリットも持っているのです。

消費者金融ではリボ払いが圧倒的な主流になりつつあるので、よく考えて計画的に使っていくことが大切になります。

消費者金融では先に紹介したプリーバが返済方式を3タイプから選べるほか、人気クレジットカードのJiyu!da!カードは、お金に余裕があるときに好きな額だけ追加返済できる機能が付いています。

なかなか計画的に返していくのが大変という悩みがある方には、こうした支払い方法の自由度が高いキャッシング・クレジットカードを選んでいくのも1つの解決策です。
スポンサーサイト
2007/02/26(月)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


以前のエントリーでも書いたことがある通り、近頃はキャッシングの審査を引き締めるところが増えてきて、主婦をはじめ女性ユーザーには借りにくい状況になりつつあります。摘発されているヤミ金業者の被害者がほとんど女性だという点からも、それは分かるでしょう。

ただし、働いている女性の方であれば選択肢は増えてきます。金利が高いのを承知で激甘キャッシングに頼ることなく、低金利で好条件のキャッシングも十分に狙っていけるのです。

なかでも特に借りやすいのは、昨年秋から大幅に金利をダウンさせたNISグループのファーストプランです。

キャッシング金利は15.0~18.0%の設定で、いわゆる「激甘」の店舗に比べれば10%以上も安く利用できます。限度額50万円で即日スピード融資もOKと、全体的にバランスが取れています。

電話キャッシングが主体で、ケータイ・パソコンからの融資申込みが弱いのは難点ですが、それを除けば文句なしのサービス内容と言えるでしょう。

また、働いている女性の方には楽天マイワンも高いレベルの融資が期待できます。

こちらは個人向けローンではトップクラスの限度額500万円、7.0~17.8%の低金利、それにネットキャッシング標準対応とほとんど文句の付けようがない条件です。融資スピードや審査の甘さはNISグループの方が有利なので、どのポイントを重視するかによって使い分けるのが良いでしょう。

さらに意外なところでは、銀行系キャッシングも働く女性に使いやすいサービスだといえます。

モビットアットローンは「ビジネスマン向け」というイメージに反して、パートやアルバイト、主婦の方でも一定の収入さえあれば問題なく申し込むことが可能になっています。限度額300万円に15.0~18.0%という安定した低金利を誇り、即日スピード融資、ネット融資にも対応とかなり使い勝手の良いサービス内容です。

特にアットローンは、この2月いっぱいまで社内キャンペーンを実施していることもあり、普段より柔軟なカード発行が期待されます。

まだ他社での借入件数が少なく(2~3件以内)、ある程度の収入がある女性ユーザーの方には、こうした低金利のキャッシングが相性の良いサービスになります。念のため各社のサイト上にある「お試しシミュレーション」でチェックをしてから申し込めば、より安全に融資を受けることが出来るでしょう。
2007/02/24(土)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


いつも消費者金融を利用するユーザーの方は、自分で利用したときの経験や、他のユーザーがネット上などに書いているクチコミ情報を参考にサービス選びをすることが多いでしょう。

たしかにクチコミ情報や自分の経験は貴重ですが、調べたいキャッシング店舗がある程度の大きさであれば、別のアプローチでも情報を集めることが出来ます。

それが、キャッシング店舗が投資家向けに公表している「IR情報」を見る方法です。

大手のなかでは武富士がIR情報の質・発表スピードともに定評があります。興味がある方は武富士のトップページから「IR情報」をクリックし、その中にある「月次レポート○月度」を見てみると良いでしょう。そこには月ごとの新規契約数、審査の可決率、1人あたりの融資残高など、私たちキャッシング利用者にとって何よりも知りたかった重要な情報がたくさん入っています。

プロミスやアコム等、ほかの大手も同じように情報公開しているため、いざ契約しようと思うときは各社のデータを比較してみるのも面白いでしょう。ちなみに最新のデータ(2007年1月)では、武富士の審査可決率が高めになっているようです。

また、スタッフィのように自社で情報公開していなくても、親会社(グループ会社)のWEBサイトを見れば業績が分かるところもあります。

例を挙げれば、

・スタッフィ → 阪急阪神ホールディングスグループ
GMOネットカード → GMOインターネット
ビービーネットファイナンス → ビービーネット株式会社

といった具合です。

こうしたグループ会社の公表しているデータを見るのも、キャッシング事業の調子の良さ、今後のサービスの動きを知るために役立ってくれます。

単なるクチコミ情報だけでは満足できない、もっと正確な情報が欲しいというユーザーの方にとっては、こうした公式データを大いに活用していってください。
2007/02/23(金)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


去年の不祥事でイメージダウンの続くアイフルが大規模なリストラを発表したのはつい最近のことですが、ほかにも大手・中堅を含めた多くのキャッシング店舗が同じようなリストラ策を取っています。

その内容は自社の支店やATMを閉鎖したり、社員から早期退職を募集するような「コスト削減」がメインになっています。やはり2009年に控えたグレーゾーン金利の廃止を見越して、少しでも利益を高めようとしているのでしょう。

そうした中で大手のプロミスは珍しく、それほど目立ったリストラを打ち出していません。サービスの質を維持するために、窓口業務を担当する社員の数も減らさないなどユーザー本位の姿勢が評価されています。

その代わりにプロミスが取っている対策が、他業種とも積極的に提携を進めて、個人向けキャッシングに続く収益源を確保するという方法です。

たとえばネット企業大手のライブドアと協力し、4月からオンラインモール「カウイチ」の運営に乗り出すのがわかりやすい例でしょう。楽天市場を超えるような規模にすることを目標とし、すでに業界最安というテナント出店料金でショップの募集をはじめています。

うまくいけばテナント料の収入以外にも、自社(プロミス)のキャッシングサービスが低コストで宣伝できるようになる等、メリットはかなり大きなものになります。

また、つい先日にはジャパンネット銀行との提携もマスコミ発表しました。

「リフォーム」や「ブライダル」等の目的別ローンをジャパンネット銀行がスタートさせるのに対し、その信用保証をプロミスが行なうという提携内容です。プロミスが直接ローン事業を行なうわけではありませんが、これもプロミスにとっては新しい収益源の1つになるでしょう。

さらに時期は未定ですが、三井住友グループと提携して中小企業の事業者向けローンも手がける計画があるようです。グレーゾーン金利が廃止されることが決定して個人向けキャッシング市場は厳しくなっていますが、事業者向けローンは需要が増え続けています。

そのタイミングにあわせて本格的に事業者ローンをスタートできれば、やはりプロミスにとっては大きな収益が期待できます。

このように、プロミスは

・ネット事業
・他社ローンの信用保証
・事業者向けローン

といった3つのジャンルを事業に加え、個人向けキャッシングとともに自社サービスのメインにしようと狙っています。

少なくとも他社のようにキャッシング事業を縮小させる心配は少ないので、キャッシング不況と言われるこれからも十分に頼れる融資サービスが展開されていくでしょう。
2007/02/22(木)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


去年12月の話になりますが、IT系キャッシングのイコール・クレジットが、廃業した中堅キャッシング店舗から債権をすべて買い取ったというニュースが流れました。簡単にいえば他社のキャッシングユーザーをそのままイコール・クレジットが引き継いだ形となり、これでイコール・クレジットのユーザー数は一気に2倍近くに成長したことになります。

同じような債権買取の話は他にもあり、つい先日はGMOネットカードの親会社・GMOインターネットが海外企業と共同して、新しく債権買取を専門にする会社の設立をマスコミ発表しました。

こうした債権買取が増えているのには、最近のキャッシング事情が大いに関係しています。

グレーゾーン金利の廃止が去年の国会で正式に決まったこともあって、将来的に経営体力が少ないキャッシング店舗はどんどん潰れていくことが予想されています。そして、その店舗が持っていた債権(ユーザーに貸し出したお金)が別の債権者に渡っていくことになります。

ここで引き継いだ債権者によっては、ユーザーの事情を無視して「すぐに残りの金額をすべて返済して欲しい」と要求してくる危険もあるでしょう。そこで、イコール・クレジットやGMOインターネットのようにしっかりした企業が債権を買い取ることで、こうした混乱を予防しようとしているのです。

少しややこしい話になりましたが、信用のあるキャッシング会社が債権買取をやってくれると、私たちユーザーも安心してキャッシングを利用できるということです。

また、わざわざ他社が残した債権を買い取る余裕があるということは、それだけイコール・クレジットもGMOネットカードも本業のキャッシングが好調だということです。実際にイコール・クレジットは女性ユーザーの割合が高いことで知られていますし、GMOネットカードは姉妹ブランドのベティローンが女性に高い人気を誇っています。

安心して使っていけるキャッシング店舗として、この2社はしっかりチェックしておくのが良いでしょう。
2007/02/21(水)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


カードローンの審査にはいくつか基準がありますが、なかでも「収入が安定しているか?」は大きなポイントです。そのためサラリーマンやOL等の社員勤務は好まれ、反対に収入が安定しない自営業者は審査が厳しくなっています。

たとえば

・年収300万円の社員
・年収400万円の自営業者

という申込み者がいれば、意外なことですが低めの年収でも社員のほうが審査に通りやすいのです。

もしも自営業をしているユーザーの方なら、このポイントをきちんと押さえておく必要があります。

しかし個人向けのキャッシングでも自営業者が絶対にNGかといえば、そうではありません。楽天マイワンのように限度額500万円の低金利ローンプランでも、しっかり自営業者からの申込みがOKになっています。

ただし注意したいのは、個人向けキャッシングの場合、借りたお金を通常の買い物や生活費に使うことは出来ますが、自分が経営している事業に使ってはいけないという制限があることです。

どうしても事業で使いたいならば、事業者向けのローンに申し込むことが必要になります。

その中ではビービーネットファイナンスや、アイフル系列のシティズが有力な候補といえるでしょう。

どちらも事業者ローンの割に申込み基準が緩く、担保も保証人も(原則として)いっさい必要ないのがメリットです。その分だけ融資手続きがスピーディーに終わるため、銀行で融資を受けるよりずっと手間がかかりません。

ビービーネットファイナンスは300万円・500万円・1000万円の3コースを用意し、シティズなら最高1500万円まで限度額が設定されているなど、個人事業や中小企業の経営なら十分な金額が借りられるのも嬉しいポイントです。

最近は女性も男性も問わず脱サラしたり副業として事業をスタートする方が増えていますが、その資金調達やちょっとした設備投資には、こうした事業者向けのローンがあることを憶えておくと役立つでしょう。
2007/02/18(日)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


すでに2007年に入ってから1ヶ月半がたち、ある程度はキャッシング業界も人気サービスの傾向が見えてきました。特に女性ユーザーから支持が高いキャッシング店舗を見ると、審査が柔軟なところが目立っています。

これはおそらく、グレーゾーン金利の撤廃が去年の12月に確定したことを受け、各社が審査基準を引き締めに入っていることが原因の1つといえるでしょう。昔のように「どこで借りても柔軟審査」というわけにはいかなくなっているのです。

そんな中で安定した人気なのが、NISグループのファーストプランです。

基本的には働いている方を対象にした限度額50万円までのローンですが、審査はきわめて柔軟になっています。もちろん大手キャッシングのように「3件以上の借入れがあったらNG」といった規制がないため、他社で審査が通らなかった方でも十分に融資が期待できるでしょう。

去年の10月に金利を15.0~18.0%に引き下げたため、男女を問わず多くのユーザーから注目されるサービスに成長してきました(それまでは金利18.0~27.01%)。

また、もう少し限度額が大きく、しかも激甘審査のキャッシングが使いたい方には三和ファイナンスが向いています。

金利は25.55~29.2%と決して低くない一方で、限度額は余裕のある100万円までに設定されています。審査の甘さもNISグループと同等かそれ以上を誇り、パートや主婦の女性を含めて積極的な融資サービスを展開しています。

全国の店舗とATMネットワーク、ネット・携帯キャッシングに対応する等、サポート体制にもスキがありません。どんな利用スタイルの方でも不満なく使っていけるでしょう。

近頃はキャッシング業界が不調なせいで廃業する消費者金融も増えていますが、今回紹介した人気サービス2社は資本金10億円以上を誇る金融グループなので、まだまだ心配はありません。これからも柔軟融資キャッシングとして、大いに頼っていくことが出来るでしょう。
2007/02/17(土)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


去年はグレーゾーン金利の撤廃が正式に決まるなどキャッシング関連の大きな動きがありましたが、何社かの信販系カードローンが新しく参入してきたことも重大なトピックでした。登場してからわずか半年しか経っていませんが、すでに今は人気キャッシングジャンルの1つにまで成長しています。

中でも日本唯一のクレジットカードブランド「JCB」が運営するJCBファーストローンカードは、現在もキャンペーンを行なうなど積極的なユーザー獲得を続けています。

今回のキャンペーンは、期間中(2月末まで)にインターネットを経由した入会者すべてにギフトカードがプレゼントされるという内容で、審査基準もそれに合わせてやや緩めになります。

キャッシング条件はキャンペーン中も特に変わりなく、限度額300万円に金利8.0~17.8%というハイレベルな水準になっています。利用可能なATMネットワークが全国15万台、電話による振込みキャッシング対応という使い勝手も合わせ、たくさんのユーザーから支持を集めています。

民間のリサーチ企業による調査では主要20社でトップの人気を獲得したのも、やはりJCBのブランド力に加え、すぐれた使いやすいサービスがあったからと言えるでしょう。

ただし、申込みできる職業の基準はしっかり把握しておく必要があります。

・申込みOK :正社員、派遣社員、出向社員
・申込みNG :パート、アルバイト、主婦、自営業

といったように、社員職でない女性ユーザーの方には申込み自体ができない場合があるからです。

主婦やパートの方は審査激甘なベティ・ローンなどで対処するのが一番ですが、もし企業で勤めているOLの方であれば、圧倒的な好条件を誇るJCBファーストローンカードのキャンペーン期間を狙っていくのがお得になるでしょう。
2007/02/14(水)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


最近は女性でもクレジットカードを持つことが増え、キャッシングをはじめ日頃のショッピングに活用している方も多いでしょう。しばらく前から激甘柔軟審査のJiyu!da!カードが絶大な人気を誇っていましたが、それとは別にユーザーからの評判をアップさせているクレジットカードがあります。

それが、クレディセゾンが発行するAMEX系列のクレジットカードです。

大きく分けて通常の「AMEX」(アメリカン・エキスプレス)カードと、リボルビング払い専用の「フォービート」カードがあって、ユーザーは自分に合ったカードを選択できるようになっているのが特徴です。

まず通常のAMEXカードは、おもに海外旅行に強いサービスを備えたクレジットカードになっています。

わずか3150円の年会費ながら

・海外でのショッピング時にポイントが2倍貯まる
・最大3000万円の海外旅行保険
・100万円までのショッピング保険
・世界各国のホテルやレストランが最大70%割引になる
・海外の現地通貨でキャッシングができる

といった、かなり高度なサービス特典が付いてきます。さらに3月まではキャンペーンとしてポイントが5倍になるため、ショッピング好きな女性の方には見逃せないと言えるでしょう。

次に、リボ専用のフォービートカードは、AMEXのほかにVISAやMASTERなどの主要ブランドが揃い、年会費無料にすることも可能です。

月々わずか3000円からという少ない負担額で返済できるほか、金利が14.6%とかなり安め(ショッピング・キャッシング共通)に設定され、コンビニでの支払いに対応する等、おもに国内でショッピング用途に使うなら最適といえます。

この他に、どちらのタイプのカードも「即日スピード発行」「ポイントに期限がなく永久に有効」といったユニークな特長を備え、たくさん種類がある無料クレジットカードのなかでもトップクラスの使い勝手と言えるでしょう。

海外旅行や国内でのショッピングに関心がある女性ユーザーの方には、きわめて相性が良い1枚になります。
2007/02/12(月)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


レディースローンのオリーブが2月から全店舗を閉鎖したり(サービス自体は継続)、大手の武富士が審査基準を引き締めると発表するなど、今まで女性ユーザーでも借りやすかったキャッシング店舗に少しずつ変化が出はじめています。

これからは低金利のキャッシングだけでなく、より審査が柔軟で借りやすいサービスもチェックしておくことが大切だと言えるでしょう。

主婦やパートの方でも幅広く融資している店舗としては、プライムファイナンスが有力な候補の1つになります。

同じブランド内に一般向けと女性専用プランの両方を持っているのが特長で、とりわけレディースローンは50万円(金利21.9~29.2%)を限度額として非常に激甘な審査を誇っています。提携ATMを持たない振込みキャッシングなので、ATMをメインに使いたい方には向きませんが、他社での利用件数が多い方など、大手で審査が難しいユーザーには重宝します。

また、WEBサイト上から無料で「金融相談室」のサービスが受けられるのもユニークな特長です。レディースローンのほかに限度額150万円、500万円のプラン等が用意されているため、どれを選ぶか迷ったときは相談してみるのも良いでしょう。

さすがにサポート体制などを総合すると大手消費者金融には及びませんが、こうした女性向けの柔軟審査に特化したキャッシングを押さえておけば、いざという急場でも慌てずに済むのです。
2007/02/11(日)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


アコムや武富士等、キャッシング大手の審査可決率が下がってきているというニュースが流れていました。平均してこの1年ほどで15%ほどもダウンしているため、特に女性ユーザーの方にとっては気になる話といえるでしょう。

そんな中で、三井住友グループのアットローンは、好調な融資を続ける人気サービスの1つになっています。

大手消費者金融のプロミスと三井住友銀行が共同で出資している会社なのですが、むしろ金利は大手よりも安い15.0~18.0%に設定され、300万円の余裕ある限度額のおかげで非常に使いやすいカードローンです。しかも即日スピード融資、ネットキャッシング対応とサービス体制には文句の付けようがありません。

イメージ的には銀行系のためか「男性ビジネスマン専用」のように思えてしまいますが、実はアルバイトやパート、契約社員の方まで幅広く申込みをすることが出来ます。そのため、ある程度の収入さえあれば女性の方にも使いやすいといえるでしょう。

さらに、この2月は社内キャンペーンによって、普段よりも柔軟な審査が行なわれているという情報があります。キャッシング大手の審査が引き締められる中、低金利で女性にも申し込める柔軟カードローンは貴重といえます。

銀行系キャッシングの堅そうなイメージのせいで敬遠してきた方でも、このチャンスを狙っていけば融資のチャンスを高くすることが出来るでしょう。
2007/02/07(水)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


急にお金が必要になった場合、ほとんどの方はクレジットカードのキャッシング機能よりも、キャッシング専用サービスの消費者金融を選ぶことが多いでしょう。

一般的なクレジットカードに比べて、

・即日スピードでカード発行できる
・キャッシング金利が低め
・審査が甘い

といったメリットは消費者金融の方が大きいからです。クレジットカードの金利が消費者金融より高めなのは意外な気がしますが、実際に20%を切る消費者金融が多いなか、クレジットカードのキャッシング金利は大半が28~29%程度と高めに設定されているのです。

ただし最近は発行スピードが比較的早く、審査もかなり甘いクレジットカードが登場しています。さらにキャッシング金利が低ければ、十分に消費者金融の代わりになると言えるでしょう。

たとえば、UCSの発行しているKARUWAZAカードは現在キャンペーン中で審査が甘く、キャッシング金利が他社クレジットカードよりも低い18.0%に設定されています。ショッピング時のリボ払い金利も13.2%で、全体的にショッピングもキャッシングも「低金利」の点ではトップクラスになります。

ただ1つの難点はカード発行までに3週間ほどかかるところですが、この低金利に加えて国内・海外旅行保険やショッピング保険が付いてくる等、消費者金融にはマネできない多彩な特典を考えれば十分にお得と言えます。年会費も永久無料になっています。

また、キャッシング金利が低めの激甘クレジットカードといえば、年会費無料のJiyu!da!カードも忘れるわけにはいきません。

現在はキャンペーン中ではありませんが、それでもケタ違いに激甘審査が続いており、どのタイミングで申し込んでも可決率の高さが評判です。去年末までは高めのキャッシング金利(28.8%)でしたが、一気に16.0~25.0%までダウンして使いやすくなりました。

現金にキャッシュバックも出来るポイント還元システム、国内旅行の保険が標準で付く等、カードの基本機能はカルワザカードにも負けていません。それに、わずか3営業日で発行できるスピード面は言うまでもなく業界屈指のレベルです。

こうした点を考えれば、すでに一部のクレジットカードは消費者金融に並ぶキャッシング体制を備えつつあると言えるでしょう。しかもポイント還元や各種の保険など、1枚で何でも対応できる総合的なサービスではクレジットカードの方が上になります。

クレジットカードはキャッシング金利が高い、審査が厳しすぎると敬遠していた方も、うまくカードを選んでいけば便利な使い方が出来る時代になってきているのです。
2007/02/05(月)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


今年の1月は大手・中堅キャッシングが次々にリストラ案を発表したり、審査基準を引き締める等の動きが多く、私たちユーザーもニュースから目が離せない状態が続いていました。それに合わせて人気キャッシングサービスも、少しずつ順位が変わってきています。

今回は各社のリストラ報道で揺れた、1月分の人気ランキングを発表したいと思います。

女性ユーザーからもっとも支持を集めたのは、ネット系サービスのベティローンでした。

他社がどんどん審査を引き締めていく中でベティ・ローンは現在も圧倒的な柔軟審査を誇り、特にパートや主婦など職業に対する審査基準はきわめて緩くなっています。限度額は50万円と平均的なレベルながら、この借りやすさが人気の理由の1つでしょう。

店頭窓口や自社ATMを持たない完全なインターネット振込み専用キャッシングですが、昔と違って現在はどこにでもコンビニATMなどがあるため、使っていくのに不便を感じることはありません。むしろ夜遅くの申込みでも当日扱いで振り込まれる等、イーバンク銀行と提携したおかげで使いやすさがアップしています。

次に、ランキング2位に入ったのはNISグループでした。

限度額50万円で15.0~18.0%の低金利、即日スピード融資、それに他社の利用件数がかなり多くても柔軟に審査が通りやすいところが特長です。すぐれた融資条件と審査の甘さでうまくバランスが取れていると言えます。

どちらかといえば主婦向けというより働いている女性向けなので、ユーザー自身の職業によってベティ・ローンと使い分けるのが良いでしょう。

そしてランキング3位には、大手消費者金融から唯一プロミスがランクインしました。

最近の大手はとにかく店舗数を減らしたり退職者を募集したりリストラの話ばかりですが、プロミスには比較的そういった話が少なく、逆にネット系の企業の提携してオンラインモール運営に参入するなど、積極的な動きを見せています。

キャッシングでも今のところ審査が厳しくなることはなく、特に初回ユーザーの利用に対してはきわめて高いカード発行率をキープしています。苦戦が続くといわれる大手の中では、もっとも安定したサービス体制だと言えるでしょう。

この2月以降も引き続きキャッシング業界は大きく変わっていくと見られ、特に女性ユーザーにとって審査基準の変更は見逃せない話題です。ニュースを定期的にチェックしつつ、今回のユーザー評価によるランキング順位等も参考にしてサービスを選んでいくと良いでしょう。
2007/02/05(月)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


柔軟審査や即日スピード融資、300万円の限度額を備えたキャッシングサービスとして有名なGMOネットカードですが、それと同時に「キャンペーンが多い」ことでもよく知られています。社名をオリエント信販から変更して1年足らずで、もうすでに4度目のキャンペーン実施になります。

2月いっぱいまで続く今回のバレンタインキャンペーン2007は、人気の携帯音楽プレーヤー・iPod shuffleが10分の1という高確率で当たる内容です。期間中にGMOネットカード会員になって、利息を490円以上支払ったユーザーに参加資格があります。

普段のキャンペーンなら女性専用のベティ・ローンと同時進行のケースがほとんどだったのですが、今回はGMOネットカードだけの実施となっているようです。とはいってもGMOネットカードは男性のみというわけでなく、女性の方も問題なく申込みが出来ます。

むしろ同じ限度額50万円ならベティ・ローンより低金利(18.0%~)なので、ベティ・ローンほどの激甘審査が必要ない方は、女性でもGMOネットカードにしたほうがお得になるでしょう。

それに、キャンペーン実施中は審査がいっそう甘くなるというメリットもあります。プレゼントにそれほど興味がなくても、柔軟審査のタイミングを狙いたいユーザーには大きなチャンスだと言えるのです。
2007/02/04(日)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


以前に少し紹介した通り、大手の武富士や中堅のクレディア等、いくつかのキャッシング店舗が審査基準の見直しに入っています。これからはグレーゾーン金利が廃止されたりして利益率が落ちるため、今までのような激甘審査の体制を変えていこうという動きです。

ほとんどの消費者金融がいつの間にか審査を厳しくしているのに比べれば、武富士やクレディアは事前に発表してくれるだけ良心的と言えるでしょう。ただ、それでも「どのくらい審査が変わったか」「自分はどのくらい借りやすいのか」といった基準は、私たちユーザーにいっさい知らされないことになっています。

そんな中で例外的に1社だけ、イコール・クレジットはユーザーごとの信用度を客観的に教えてくれるサービスを実施しています。

「育てるキャッシング」を呼ばれる業界初の無料サービスで、ユーザー1人1人が自分のスコア(得点)を教えてもらえます。このスコアはイコール・クレジット独自のものですが、返済状況や他社での借入額等、他社でも使われている基準を使ってスコアが計算されています。

そして、スコアが184点以下なら融資お断り、261点以上なら限度額80~100万円、といった具合にスコアによって限度額と金利が変動する仕組みになっています。スコアと限度額・金利の対応リストはWEBサイトで公開されているので、あとは自分のスコアを見ながら、どのくらい頑張れば限度額アップかといった目安をすぐに理解することが出来ます。

イコール・クレジットはどちらかといえば300万円の限度額や柔軟審査で有名ですが、こうして信用度スコアを教えてくれるというユーザー本位のサービス体制も大きな魅力です。

どうしても自分の信用度が詳しく知りたい、または他社での審査に納得がいかないような方は、審査の透明性が高いイコール・クレジットを活用してみると良いでしょう。
2007/02/03(土)

[PR]人気ナンバー1!業界最低金利!楽天マイワン【新金利6.9%~★】!!
[PR]女性専用にこだわりたい方は☆ベティ・ローン☆


インターネットがこれだけ普及したおかげで、キャッシング各社とも公式サイトが充実してきました。しかし、まだ「とりあえずネットから申し込めるだけ」といったところも多く、WEBサイト上での情報公開やユニークなサービスがそれほど進んでいるとは言えません。

そんな中でプリーバは最近、かなり積極的にインターネット上での新サービスや情報公開に力を入れているキャッシング店舗です。

ほんの数日前にはサイトで電子書籍「キャッシングの基礎知識エトセトラ」を公開し、プリーバ会員でなくても読むことが出来ます。貸金業登録番号の読み方から金利の話、悪質業者の手口まで幅広くユーザーに情報を公開しています。読んでいるだけで面白くためになるので、興味がある方は覗いてみると良いでしょう。

ほかにも携帯サイトが強化されたり、3種類ある返済方法それぞれの詳しい解説ページが追加される等、さまざまなバージョンアップが続いています。失礼ながら去年までのプリーバのサイトはIT系にしては地味な印象がありましたが、ここ最近はトップクラスと言える情報量・使い勝手に変わってきています。

また、大手のプロミスも最近になって公式WEBサイトを大幅リニューアルし、ますます使いやすくなりました。

借入れシミュレーション等の必要な機能はすべてトップページから直接リンクするようになっていますし、携帯サイトには見やすい「フラッシュ版」が登場しています。その完成度でいえばプリーバに並ぶと言えるでしょう。

なお、激甘審査と高額融資で知られるプリーバはもちろん、プロミスも大手の中ではかなり積極的にカード発行をしていて、全体的に審査が緩めなのも見逃せないポイントです。ネット系サービスの充実度は、どれだけコストダウンに取り組んでいるかを知る目安になるので、好調で借りやすいキャッシングサービスを見分けるためにも役立つのです。
 | レディースローン(女性専用キャッシング)安心比較! | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。